便利でタダが当たり前…音楽の関わり方がどんどん変わっている。

最近、CDを買うことがめっきり減りました。かつてはテレビドラマのタイアップだったり、音楽番組をチェックしたりして、気になるものはすぐCDショップで予約していました。それがいつからか、レンタルショップで借りることが増え、わざわざ買うアーティストはほんの一部になってしまいました。それは金銭的なもので、やはり現物を手にしてジャケットや歌詞カードや特典を眺めることはいまだに楽しいのです。楽しいはずなのに、今となっては、レンタルショップに足が向く回数すら激減しました。気になる音楽はすでにYouTubeを見たらPVとともにアップロードされている。さらに、その曲を聴いてるほかの人のおすすめがほっとけばそのまま流れる。いつの間にか音楽が自分にとって、探してお気に入りを見つけるものから、勝手に垂れ流されるものになっているのです。
学生時代とは違いますから、今なら片っ端からCDを買いあさることだってできます。でもしないのは、音楽が簡単に手に入るようになってしまった結果、CDを予約して何か月も待って、開封してデッキにセットして、ジャケットを眺める…そんなことが億劫になってしまったのだと思います。かつてそれは1番の醍醐味だったはずなのに、今では遠ざかる理由になってしまいました。音楽が無料で手軽に手に入るようになってしまった今、かつてCDが売れていた時代よりも楽曲のクオリティが求められているのかもしれません。また、CD以外で儲けを出していく転換期に来ていると感じます。http://www.sleeekingenting.biz/musee-zenshin.html