日本語もそうですが同じ漢字で意味が違うなどの話をします

例えば木と気にしても意味がまるっきり違うのに漢字が同じで発音が同じなどもあります。それらを識別するためにも文法があるのだと思います。文法でも長いものと短いものがあります。もちろん単語にも同じことが言えます。そういうのが他にもたくさんあることで言葉の数がものすごい量になります。もちろんそれに関しても便利だと思う人もいるでしょうけれど、もしかしたらもう少し少なくても問題ないのではないのでしょうかなどと疑問に思う人もいるのかもしれません。日本人であれば外国語例えば英語などに比べどう考えても覚えやすいと思います。発音にしても自然な形で時の経過と共に覚えていけるものだと思います。ゆっくり覚えても何の問題もないと思います。中には難しい漢字もありますがあまり生活面において知らなくても良いようなものもあります。学校のレベルのが大体分かれば特に問題ないと思います。会社で働くための事前の面接の時に提出する履歴書ももちろんかけますし。基本的なものがわかれば良いと思います。全身脱毛 脱毛ラボ